日記

SSHポートフォワード [日常]

家から研究室内のPCに接続(SSH,VNC)するためには
専攻のサーバーを踏み台にしてポートフォワードしてやる必要があります。
今までPoderosaのポートフォワードツール使ってて
シンプルなUIで使いやすいと思っていたのですが、
普通にSSHコマンド使うほうがもっと楽だということを今日知りました。

ssh -L [ローカルのポート]:[フォワード先のアドレス]:[リモートのポート] [ユーザー名]@[SSHサーバーのアドレス]
でフォワードできるのですが、
.ssh/configファイルに

Host [適当]
HostName [SSHサーバーのアドレス]
User [ユーザー名]
LocalForward [ローカルのポート] [フォワード先のアドレス]:[リモートのポート]

みたいに書いておくとssh [適当]で接続できるようになります。
前に書いたWakeOnLANと組み合わせると
MagicPacketの送信のためのSSHログインと同時にできるのでかなり便利。


at 2009-7-11 0:07 | Comment(0)
名前: 削除パス: 非公開
URL:
添付:(jpg,gif,png,200KBまで)

 
required 0.0315 sec